FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日 リアルタイム診断

06 24, 2013
晴れ 
最高気温26℃


梅雨の中休みが続く、新潟は出雲崎です。
5月に定植した大玉トマト「りんか409」のリアルタイム診断を行いました。
元肥に入れた堆肥の窒素分を考慮しなかったために、窒素過多でゴリマッチョ姿だったりんか嬢。最近、生長点付近がスリムになってきたので、もしや!と思い診断。
IMGP1367.jpg
まずはピンポン玉大の果の生る花房の直下葉の、小葉の葉柄を集めます。詳しい場所が気になる方は「リアルタイム診断」で検索してください。

IMGP1368.jpg
葉柄を1cmぐらいに刻み、

IMGP1370.jpg
絞り器で葉柄汁を1ml絞ります。絞り器は貝印の製品です。この診断のためにメスシリンダーも買いました。

IMGP1371.jpg
今回は汁を60倍に薄めて、メルコクァント硝酸イオン試験紙を浸しました。

IMGP1373.jpg
結果は気持ち「25」よりちょっと濃いので「30」とします。

30(mg/L)×60(倍)=1800(mg/L)=1800ppm

という結果が出ました。

文献によると、「この時期(第3花房~)は3000~4000ppmは欲しいところ」とあるので、うちのりんか嬢は「下半身デブだけど栄養不足」と分かりました。さっそく窒素成分で2kgを追肥してきました。
少ない費用でリアルタイムに数値で栄養状態が分かるので、経験不足を補うには十分な試験だと思います。
今後、キュウリやナスも診断してみようと思います。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 農業

6月22日 カゴメトマトの様子

06 22, 2013
雨(早朝) のち 曇り 時々 晴れ


定植から10日、わき芽が伸びてきました。
IMGP1353.jpg
苗の時点でちょっと徒長気味だったので、ずいぶん背が高くなっています。早朝の雨に伴う強風のせいで、ハウスサイドに植えられた苗がばったりと倒れていました。支柱へ誘引できる大きさになるまで、何か支えが必要かもしれません。

このトマト栽培に使われる肥料は、タンクミックスという名前の専用肥料です。2種類でワンセット約11,000円。収穫終了までに10回程度肥料を追加する予定なので、肥料代だけでも110,000円・・・
IMGP1330.jpg

肥料の濃度は農協の人にセッティング(EC 0.8)してもらったのですが、自分でも何かやってみたくてこんなものを購入しました。メルコクァント社製 硝酸イオン試験紙。
IMGP1348.jpg

中には試験紙が100枚入っています。一枚当たり約40円。これで硝酸イオンの濃度を測ることができます。
IMGP1349.jpg
硝酸イオンの濃度を測ることで、トマトにどれくらいの肥料を与えているか、トマトがどれくらいの肥料分を吸収しているかなど、簡単に言うとトマトの健康診断を行うことができます。

IMGP1338.jpg
いつもの畑では中玉トマトが採れ始めました。上手くカゴメトマトへとリレーできるといいのですが。

0 CommentsPosted in 農業

6月14日 緑肥まき

06 14, 2013
晴れ
最高気温28℃


トマトの契約栽培のほうに時間が取られるために、昨年まで行ってきた野菜の栽培量を減らしました(トマトが増えているので、トータルでの栽培量は増えています)。すると起こるのが畑余り。
IMGP1274.jpg
そのまま遊ばせておいても草が生えるばっかりで草刈の手間も増えるし・・と言う事で緑肥を播くことにしました。

播いたのは「セスバニア」 マメ科の植物で転作畑にちょうどいいとか。1kg1600円でした。
IMGP1273.jpg
IMGP1279.jpg
豆と聞いてイメージする種とはかなり違いますね。10アール当たり4~5kg播けとのことでしたが、直接お金にならない植物にお金をかけるのもどうかと思って、標準より薄播きにしました。
8月にトラクターで漉き込む前に、草刈り機を使って巨大迷路を作ってみようかと画策中です。

0 CommentsPosted in 農業

6月13日 カゴメトマト定植完了

06 13, 2013
晴れ 時々 曇り
最高気温30℃


カゴメとの契約栽培トマト、定植までの怒涛の作業が終わりました。
作業は連日35℃を超える暑さのハウスの中で行われました。みんなへとへと。

まずはコンテナを並べ、中に敷くシート(パオパオ)をカットしたものを配ります。
IMGP1246.jpg

次にパレットに積まれた養液土耕用培土(重さ20kg)を1コンテナあたり1袋配ります。ちなみにハウスの長さは70m。写真ではわかりませんが、ハウスの中は灼熱地獄です。
IMGP1248.jpg

パレットが置いてあった場所にもコンテナを並べて、コンテナの中に土を詰めていきます。その数635袋!
IMGP1250.jpg
農協の職員さんにも手伝ってもらいましたが、5人で丸2日かかりました。ちなみにこの培土は変な病気が出なければ5年以上このままコンテナに詰められた状態で利用します。だってもうやりたくないよ、この作業。

そして養液チューブが設置され、ついに定植となりました。
IMGP1253.jpg

セル苗の定植なので植えるのは簡単、2人で4時間ほどで完了。
IMGP1256.jpg
育苗中に心止めし、わき芽を2本伸ばす「2本仕立て」で栽培を行います。
栽培の様子は随時更新していきたいと思います。

0 CommentsPosted in 農業

6月4日 ズッキーニ、ソラマメ収穫

06 04, 2013
晴れ
最高気温 25℃


爽やかな初夏の陽気が続いています。少しはお湿りが欲しいところ。
収穫物が増えてきました。
IMGP1053.jpg
暑いのは苦手なズッキーニが夏野菜のトップバッター。毎年5月の終わりごろにぼちぼち採れ始めるとすぐに、まず最初の収穫の山を迎え、この山が何度か訪れながら7月いっぱいまで収穫が続きます。
写真はイタリア系の縞のあるズッキーニ「ステラ」。

ブロッコリーも採れていますが、
IMGP1054.jpg
ブロッコリーは花が咲く直前の、その蕾を食べる野菜なので、大きくなるのを待っていると花が咲いてしまうし、小さいと収量に影響するし・・・気温が急速に上がるこの時期の栽培は、量と質のバランスが難しい。

去年の秋からの長丁場の野菜「ソラマメ」
IMGP1231.jpg
IMGP1233.jpg
本格的な収穫を前に、まずは自家用につまみ食い。家族みんなソラマメ大好き!

ハウスのトマトは、今こんな感じ。
IMGP1071.jpg
中玉トマトとミニトマトはまぁ順調?なのですが、大玉トマトが窒素過多でデブマッチョ状態。とても写真でお見せできません。
今年のトマトの誘引方法は、北海道のトマト農家さんのブログを参考にさせてもらって「トマトぐるぐる巻き」を実践練習しています。この方法が早く確実にできれば、時間とコストがかなり削減できるはず!


0 CommentsPosted in 農業
プロフィール

タク

Author:タク
新潟で生まれ、横浜で育ち、北海道で大学生、大阪でサラリーマン。日本各地をめぐりめぐって、辿り着いたのが出雲崎。
就農3年目!三十路になり子供も生まれました。
天候に恵まれますように!

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (3)
農業 (337)
お出かけ (2)
天気 (0)
出雲崎 (2)
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。