FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつを生きているか

02 28, 2011
人の一生を、1日24時間に当てはめると、自分がいつの時間を過ごしているかがわかります。


年齢を3で割った時間がそれで、私の場合、30歳になったので午前10時ということになります。
サラリーマンで例えると、仕事をバリバリこなしている最中でしょうか。

24歳で午前8時。まだまだ眠いお年頃。

36歳で正午12時。人生もちょっとお昼休み? 転職とか考えたり!?

54歳で午後18時。残業しない人はもう退社。もう日も暮れちゃった。

60歳で午後20時。さすがにおうちに帰ろうか(退職)

66歳で午後22時。お風呂、夕飯も済ませて、あとは寝るだけ?

72歳で24時。おやすみなさい。


いまどき72歳で亡くなるのは早いと思いますが、年齢と時間を比較すると、まんざらでもない感じがします。

午前中のうちにいろいろな挑戦、経験をしておきたいものです。


スポンサーサイト

おいしい品種

02 12, 2011
2011年の作付け計画もだいぶまとまってきました。小変更はあるでしょうが、とりあえずこれで種の注文をしようと思います。
相変わらず、カツカツの計画です。でも少ない面積で経営をしなくてはならないと考えると、休んでいる畑を作るわけにはいきません。
無題
毎年作付けを考える上で、この品種は絶対にはずせない、というのがあります。
それは、特にバカ売れする大人気商品というわけではなく、単純に自分たちが食べでおいしいと感じた品種です。

その中で5つ紹介します。

RIMG1043.jpg 
味美菜(サカタのタネ)
チンゲンサイと小松菜の掛け合わせ品種で、癖のない、あっさりとした味で、どんな料理にも向きます。
種まきから1ヶ月ほどで収穫できて、1株のボリュームは小松菜以上。袋詰めしたときに重量感があり、直売にも適してる。

RIMG1044.jpg
シャキット(タキイ種苗)
短系四葉キュウリ。名前のとおり、歯ごたえはシャキットしていて甘みがある。
まずいキュウリは一口かじってその後は一切食べない、キュウリにうるさいグルメ甥っ子(当時4歳)が、無言でぼりぼり丸々2本食べたのはこの品種。子供は正直。

RIMG1042.jpg
まるみちゃん(タキイ種苗)
丸さやオクラはおいしい、という情報を元に去年初めて作ったオクラ。確かにおいしい。
まず食感の違い。
普通の5角オクラが木綿豆腐なら、丸さやオクラは絹ごし豆腐。口のなかでのモゾモゾ感がなく、青臭み少なく粘りが強い。オクラ嫌いでも食べられる。
丸さやオクラがおいしいのは、この品種に限ったことではないと思います。各社出しているので、他も試してみたい。

RIMG1045.jpg
サクサク王子(サカタのタネ)
インゲン界の新星! 名に恥じないサクサクの食感と甘み、これはまるでアスパラガス!
サクサク王子を一度食べてしまうと、ステーキに添えてある冷凍のぐにゃぐにゃインゲンは、もう一生食べられなるのでご注意を。

RIMG1046.jpg
美味タス(トキタ種苗)
半結球タイプのレタス。 美味+レタス=美味タス。名前のセンスは単純ですが、偽りなしです。
おいしいレタスと聞いて、あまり味が想像できないと思いまが、パリパリの食感と味は、その想像を確実に超えるはずです。
芸能人が野菜や果物を食べて「あまーい!」と連呼するのは好きではありませんが、このレタスは大変甘みがあります。

野菜のおいしさは、品種鮮度でほぼ8割がた決まると思います(異論はあるでしょうが)。
だから品種選びは、とても大切でとても面白いです。

1 CommentsPosted in 農業

味美菜が売り物になるまで

02 08, 2011
RIMG1016.jpg
今日も天気がよかったので、手ごろな大きさの味美菜をせっせと収穫しました。(写真は以前のものの流用ですが、大差はありません)
ここで、収穫された味美菜の袋詰めについて紹介します。

RIMG1033.jpg  へぇ~どうやるの?

RIMG1035.jpg
まずは散らかった玄関を片付けてから(袋詰めは自宅玄関で行っています)、味美菜に付いた土などを洗い流し、水を切ってから一定の重さに計っていきます。
ポイントははかりの上に敷いたシート。これはA4クリアファイルを開いたものです。

RIMG1039.jpg
これを丸めてシートごと袋に入れます。すると、ペタペタとくっつくことも、引っかかることもなく味美菜がスルスルと袋の中に入ってくれます。

RIMG1009.jpg 目から涙、いや、目から鱗だね!

RIMG1040.jpg
この方法を使うと使わないとでは、袋詰めの時間にものすごく差が出てきます。というか、この方法を使わなければ、菜類(小松菜・ほうれん草など)の袋詰めはできないと言ってもよいでしょう。

就農の際には栽培本など参考書を読んで勉強しましたが、実際に営農する上で問題になってくるのは、野菜の出荷調整(収穫・洗浄・袋詰めなど)にかなりの時間を取られるということでした。これはやってみないとわからないもので、作業効率の改善が収益にかなり関わってきます。

現役の農家にとって見ればこんな方法は当たり間なのですが、当たり前だからこそ、参考書等にはなかなか書いて無いんですよね。
あと細かいことですが、はかりは値段が高くても、電池が必要でも、デジタルはかりをお勧めします。これも、バネはかり(上皿はかり)に比べて、計る時間が圧倒的に短くなります。

などなど、新規就農を目指す皆さん参考になりましたか?


0 CommentsPosted in 農業

久々の好天

02 07, 2011
RIMG1016.jpg
1月中は天気も悪く、除雪の仕事なども相まって、ほとんど収穫をしていませんでした。
そもそもハウスも破れたままだったので、ハウス中の葉物は傷んだり、成長が緩慢だったりで、収穫に足る状態モノが無かったっていうのもあります。
幸い、2月に入ってから天候も安定して晴れ間も見えてきたので、久々の収穫に向かいました。
上の写真は味美菜の収穫の様子です。

RIMG1019.jpg
オータムポエム(アスパラ菜)はもうダメっぽかったのに、最近の暖かさと日差しのおかげで息を吹き返したようで、わき芽がわしゃわしゃと伸び始めてきました。これからしばらくは、細々と収穫できそうです。

RIMG1020.jpg
直売所もひさびさに顔を出したのですが、店の人に「待ってました~」なんて言われちゃいました。
品物とお客さんがあれば、もっと頑張りたいところなんですけど、冬はどちらももなかなか厳しいんですよね~

な~んて面倒くさがらずに、ぼちぼち雪の下から人参でも掘り出しますかな(50cm下)。

0 CommentsPosted in 農業
プロフィール

タク

Author:タク
新潟で生まれ、横浜で育ち、北海道で大学生、大阪でサラリーマン。日本各地をめぐりめぐって、辿り着いたのが出雲崎。
就農3年目!三十路になり子供も生まれました。
天候に恵まれますように!

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (3)
農業 (337)
お出かけ (2)
天気 (0)
出雲崎 (2)
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。