FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労がたまる

01 29, 2011
RIMG0969.jpg
ここのところ深夜に除雪機の仕事があり、終了後家に戻って朝昼兼用のご飯を食べた後、畑のハウスの雪かきに向かうと言った日が続いています。
今日はほぼ一日中、雪が降り続いたので、昼に引き続き夜にも、雪かきをしなければなりませんでした。眠いし腰は痛いしで、まだ30才ですが、こんな毎日はなかなか堪えます。

RIMG0978.jpg
畑には80センチほどの雪が積もっていて、ハウスに近づくにもラッセルを強いられて一苦労。昨年末に破れたビニールはまだそのままで、ハウスにぽっかりと穴が開いています。
今年の冬に入ってから、5度ほどハウス周りの雪かきをしているので、かれこれ25mプール2~3レーンほどに詰まった雪を、スコップひとつで右から左へと移動していることになるでしょうか?
新潟でも最も雪が多いところで4m近く積もっているようです。そのような土地で住んでいる方には頭が下がります。

RIMG0979.jpg
軽トラックにも雪がどっさり積もっていますが、この雪は降ろしません。ある程度荷台に重みがかかっていたほうが、タイヤと雪道との接地力が強まって、滑りにくくなるからです。ちょっとした雪国の知恵ですね。


スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 農業

夢もチボーも無い

01 24, 2011
与謝野経財相:「年金支給年齢引き上げも検討」と発言

与謝野馨経済財政担当相は21日、政府の新成長戦略実現会議で、「人生90年を前提にすると定年延長を考えないといけない。年金支給年齢の引き上げも考えなければいけない」と発言した。



恥をさらすようですが、我が家の月の支出で一番大きい金額は、夫婦2人の年金の支払い(¥15100 x 2)ですよ。
自分たちのの将来への積み立てと思って、これまで収めていたわけではないですが、

こんな無計画な国に、私たちの大事なお金は払えません。


<おまけ>
去年の口蹄疫に続いて、宮崎県で鳥インフルエンザ。
同業者(一次産業ってことね)としては、なんとも・・・辛いなぁ。

静岡の噛み付き猿、脱走。
・・・なにやってんの?

0 CommentsPosted in 農業

冬の新潟グルメ

01 22, 2011
RIMG0916.jpg
全国ニュースでは関東地方をはじめとして、太平洋側で乾燥注意報が連続20日以上続いているとかいっていますが、それだけ冬型の気圧配置が続いていているということで、その分日本海側では雪が降り続いていることをお忘れにならないでください。
乾燥していて肌荒れが・・・なんてニュースより、屋根で雪下ろししていた人が滑り落ちたり、雪に埋もれて亡くなっているニュースのほうが大事では? 乾燥しているほうが洗濯物が乾いていいじゃない!と嫁も申しております。

まぁ裏日本の地方住民の愚痴はさておき、今年は例年以上に雪が多いんですよ。今年に入ってから、週間天気予報で一度も太陽のマークを見ていません。でも、「今年の冬は異常だ!地球がおかしい!」なんてテレビみたいに騒いだりもしませんけど。

RIMG0920.jpg
日中からテレビの見過ぎなのがバレてしまいましたが(汗)、家にいるのも何なので、たまのお出かけへ。
と言っても、家から車で1時間圏内のグルメスポット?長岡市与板町という所の大判焼きが有名な店です。

RIMG0926.jpg
何で有名かといえば、通常の大判焼きより一回り大きいということぐらいで、味は特に通常どおりでした。でも手土産には調度いいのでしょう、ひっきりなしにお客さんが入って、10個20個と買っていきます。
ちょっと大きめとか、手土産に調度良いとか、口コミでとか、新潟県民はB級グルメ好きとか、いろいろな要素が絡み合って繁盛している感じがします。ショウバイは分かりませんねぇ。

RIMG0931.jpg
その大判焼きをほお張りながら、次に向かったのは「新潟のアメ横」寺泊へ。関東ほか、何店舗か支店を出している角上魚類の本店はここにあります。

RIMG0934.jpg
RIMG0938.jpg
中は所狭しとお魚が並んでいて、ここにくると水族館にいかなくていい気がします(言い過ぎか?)。まあ並んでいる魚を見るだけでも、種類が豊富で楽しい所です。
冬の新潟は山にスキー場があるくらいで、あとは田んぼの雪原が広がるばかりですが、そこが雪国の魅力とも言えるのかもしれません。

冬があるから春が待ち遠しいのでしょう。


成人の日とセンター試験の日は雪が降る

01 18, 2011
今年に入ってから早くも3回、除雪の助手(運転手の隣に乗って、周囲の安全確認をする)の仕事がありました。
出雲崎は新潟県の海岸部なので、それほど雪は多くないとはいっても、多いときで30cmほどの雪がドカンと降ったりするので、そんなときに除雪車が出動。

車通りの少ない深夜に出動するので、助手と言えども眠気との戦いがなかなか大変。でも、この時期には大変ありがたいアルバイトなので、毎年やらせてもらっています。
作業が終わった後に、畑のハウス回りの雪かきをしなくてはならないのが辛いところですが(汗)


日経にこんな記事があるのを、友人のブログで知りました。

新規就農者に手当検討 年100万円、TPPへ環境整備 <日経web版>

政府は2012年度から新たに農業に携わる若者向けに直接手当制度を創設する方向で検討に入った。手当額は1人あたり年間100万円程度。100億円の予算を想定する。農業団体は日本の環太平洋経済連携協定(TPP)参加に反対。制度の新設はTPP参加に向けた環境整備の一つだが、バラマキとの批判を招く可能性が高い。


制度の骨格は(1)個人で農業を営む場合だけでなく農業法人に就職するケースも対象にする(2)年齢は40歳以下もしくは45歳以下にする(3)就農から5年間、毎年支払う(4)山間地は平地に比べて支払額を上乗せする――など。農林水産省は制度の対象者を毎年1万人と試算する。

また安易なバラマキが。先立つものはお金だけど、根本はそこじゃないんだって。

私個人としては、所得補償ではなく、価格補償の仕組みにしないと、農業にやりがいを持って続けられないと思ってます。


丹精こめて育てた野菜を売る

収入を得る

それだけでは生活できないので、国が小遣いをあげましょう

なんかみじめ。これが所得補償


丹精こめて育てた野菜を売る

労働に見合う十分な収入が得られる

それを元手に、さらにやりがいをもって農業に励む

農業へのヤル気が出る。これが価格補償


つまり、
・農家は野菜を再生産可能な価格(生活ができて、かつ翌年の生産活動の資金も残る)で売れる。
・消費者は野菜を高いと思わない範囲の価格で買える。
この農家の思う価格と、消費者の思う価格の差に、予算を使うことは出来ないのか?と私は思います。

直接手当てを使って就農者を増やすのは、エサを使って動物をしつけるのと同じでしょ。エサが無くても、自らが勝手に芸を楽しんでやるようにしなきゃね。


0 CommentsPosted in 農業

2011

01 04, 2011
RIMG0851.jpg
新年あけましておめでとうございます。

年末年始は天気が大荒れの予報だったので、いつ実家に行こうか迷っていましたが(雪が積もれば除雪の呼び出しがあるので)、過ぎてしまえば何て事の無い、穏やかな正月でした。

就農して以来、1年目の長雨・冷夏・日照不足、2年目の冷春・猛暑・少雨と天気にまったく恵まれることなく2年経ちました。先日も強風でハウスのビニールが破れてしまったりと自然相手の仕事に苦労しっぱなしです。

三度目の正直(二度あることは三度ある!?)を信じて、3年目の2011年、いい年にしたいですね。

今年もよろしくお願いいたします。

0 CommentsPosted in 農業
プロフィール

タク

Author:タク
新潟で生まれ、横浜で育ち、北海道で大学生、大阪でサラリーマン。日本各地をめぐりめぐって、辿り着いたのが出雲崎。
就農3年目!三十路になり子供も生まれました。
天候に恵まれますように!

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (3)
農業 (337)
お出かけ (2)
天気 (0)
出雲崎 (2)
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。