FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の畑(3)

11 25, 2010
RIMG0690.jpg
8月の終わりから何回かに分けて蒔いてきた味美菜の、最後の畝の収穫に取り掛かりました。かごが乗っている畝は収穫を終えた畝です。防虫用にかけていた不織布トンネルが、今は寒さ除けとして役に立っています。

RIMG0691.jpg
普通のコマツナやホウレン草などは寒さ・霜に強いのですが、この味美菜はどうやら寒さには強くない様子。冷え込んだ日などには、葉に痛みが出てしまって見た目が悪くなってしまいました。なのでかなりの枚数の外葉をかきとって捨てなくてはなりません。この時期の栽培には保温は必須のようです。

RIMG0673.jpg
今年は上手くいきそうな気配の「ロマネスコ」。種をF1品種「スパイラル」に替えたので、揃いが良くなりました。
初収穫の1個を持って道の駅に行ったら、早速スタッフのお姉さんに買っていただきました。その他、ブロッコリーやカリフラワーなど大量購入していて、「今日はブロッコリー祭り!」と言っていました。どんな祭りになったのかは聞いていません(笑)

RIMG0677.jpg
花蕾の小さな突起の一つ一つが、さらに小さな突起の集まりでできています。神秘的な「フラクタル図形」と呼ばれる形です。
甘みがあって美味しいですよ!

スポンサーサイト
1 CommentsPosted in 農業

最近の畑(2)

11 25, 2010
RIMG0662.jpg
かなり遅くなりましたが、タマネギの定植が終わりました。
今年は苗の出来もよく、収穫が期待できそうです。去年は根付きが悪くて、冬の間、次々と苗が消えていきました。なので、まずは新潟の冬を乗り越えられるようしっかり根を張ってもらわねば。

RIMG0661.jpg
写真の3畝のほかにもう1畝に植えて、計5000本定植しました。
もし仮に250gのタマネギが5000個採れたとした・・・1250kg!! そんなに貯蔵しておくところが無い(汗)
捕らぬタヌキの皮算用ですが、失敗したときのことばかり考えていないで、上手くいったときのことも考えておかないと大変なことになりそうです。

RIMG0663.jpg
発芽がイマイチだっただけに、出来もイマイチな黄色にんじん「金美人参」。味は甘くて軟らかくて美味しいので
、赤と黄色の人参で、キンピラなんていかがでしょう?
お見かけしたらどうぞ宜しく。

0 CommentsPosted in 農業

最近の畑(1)

11 25, 2010
RIMG0657.jpg
最近のハウスの様子です。右から春菊、オータムポエム、味美菜。
ハウスの中は締め切るとかなり暖かくなるので、青虫やらの害虫がまだ元気に葉をバリバリ食べてしまっていて、困っています。収穫が始まっているので、見つけ次第、必殺「テデトール」でせっせと防除。

RIMG0687.jpg
収穫したオータムポエム。道の駅では「アスパラ菜」の名前で出荷しています。その名前の方が、ここいらでは馴染みがあるようです。ほろ苦くて、秋には貴重な菜花のおひたしがなんとも美味しい。

RIMG0688.jpg
ブロッコリーは相変わらずわき芽をメインに収穫しています。それと、遅れて出てきた頂花蕾も採っていますが、茎が細くて何とも貧相。「これは良くできた」と納得できるブロッコリーには、今年はお目にかかっていませんねえ。

0 CommentsPosted in 農業

品種の早晩

11 08, 2010
RIMG0592.jpg
キャベツやブロッコリーは、生育の早い順から「早生」「中生」「晩生」などの品種を順番に蒔いて、収穫が上手くつながるようにするのです。しかし今年は秋野菜は早生品種が夏の高温乾燥で上手くできなかったり、中生品種の植えるタイミングが遅れたりして、計画通りに継続出荷ができていません。
そもそも畑が小さいので、継続して収穫できるほど生産ができないのが一番の原因なのですが、こればっかりはすぐに何とかなるものでは無いですね。気長に借りられる畑を探すことにしましょう。

RIMG0591.jpg
こちらは巻き始めたご様子の中生キャベツ「恋岬」。寒さに強くて、やわらかくて美味しいとのこと、収穫は11月の終わりごろになるでしょうか。
ちなみに今年の秋は、早生では「みさき」「YR青春2号」「初秋」、中早生「浜岬」、中生「恋岬」を栽培してます。

RIMG0631.jpg
採り遅れたり、採り残したブロッコリーが花を咲かせています。これはこれで食べられなくも無いのですが、販売するにはチョットなので、いまは頂花雷収穫後に伸びてきた側花雷(わき芽)をセコセコと収穫しては出荷しています。

ブロッコリーの品種は、早生「ピクセル」、中早生「緑嶺」、晩生「グランドーム」の3種類。
ピクセルと緑嶺は収穫が終わっているのですが、緑嶺は蕾の粒が大きくなってしまって、品質がイマイチでした。来年は緑嶺はやめて、「ハイツ」とかにしてみようかしら。

来年の品種を考えているときが、実は一番楽しかったりするんですよね(笑)

2 CommentsPosted in 農業

タマネギの定植

11 06, 2010
RIMG0620.jpg
9月9日に蒔いた、極早生タマネギ「チャージⅡ」の定植を始めました。写真は苗床から掘り出した苗。
タマネギの苗の太さは収穫時の玉の大きさに非常に関係してきます。適度な太さは5~8ミリほどが良いとされていて、細すぎると冬を越せないし、太すぎると春になって花が咲いてしまう(トウ立ち)。今回、太さが5~6mmのものが多く出来たので、今年の苗つくりはひとまず成功と言ったところでしょうか。

RIMG0619.jpg
苗床の様子。
去年は不手際が多く(水分不足・肥料切れ・PH調整不足・モグラに荒らされる)、十分な苗が出来ませんでした。特にこの畑は砂地で肥料分の流亡が早いので、苗床には有機石灰と苦土石灰を多めに、そして育苗2ヶ月の間に3~4回液肥をかけました。
何でも失敗の経験が大事ですわ。

RIMG0622.jpg
マルチをするとタマネギの貯蔵性が劣るのですが、このチャージⅡは極早生で主に新タマネギとして収穫するので、貯蔵性はあまり関係がありません。収穫が早まるし、大玉にもなるので、極早生タマネギにマルチは有効です。

収穫予定の5月まで、はたして厳しい新潟の冬を乗り越えられるか・・・


0 CommentsPosted in 農業

気づけば11月

11 02, 2010
RIMG0537.jpg
新潟県は昨日から猛烈な風と雨にさらされています。これからこんな天気が冬から翌年3月ごろまで続くようになります。思わずため息が・・・

9月の終わりに蒔いた味美菜が収穫のときを迎えました。
うちでは菜っ葉などの葉物野菜は種まきから収穫までの期間が短いので、殺虫剤などは使用しないことにしています。その代わり、不織布のトンネルで害虫の侵入を防いでるわけですが、雨風などの外気から守られているせいで成長が早く、葉色も薄いような気がします。

RIMG0533.jpg
温室育ちみたいなものなので、姿かたちはとても綺麗です。
いつも肥料切れによる黄化に悩まされていましたが、元肥を少し多めに入れたので、今回はバッチリの出来でした。しかし、昨日からの暴風雨にさらされていて、無事なまま収穫し切れるのか心配です。

RIMG0541.jpg
ブロッコリーは夏場の乾燥と、秋の長雨、さらには肥料切れで大失敗。小さな蕾しかできていません。

RIMG0543.jpg
とんがりキャベツ「みさき」も収穫予定を大幅に遅れながらも、ポツリポツリと採れ始めました。
葉が柔らかいのか特徴の美味しいキャベツですが、その特徴がゆえ、巻き過ぎるとすぐに割れてしまって商品になりません。

先日、道の駅で野菜の陳列をしていたらお客さんに「何でこんな変てこなキャベツが150円もするんだ!?」と言われました。こういう品種なんですと説明して、その失礼なお客さんにはきっちりお買い上げいただきました(笑)


0 CommentsPosted in 農業
プロフィール

タク

Author:タク
新潟で生まれ、横浜で育ち、北海道で大学生、大阪でサラリーマン。日本各地をめぐりめぐって、辿り着いたのが出雲崎。
就農3年目!三十路になり子供も生まれました。
天候に恵まれますように!

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (3)
農業 (337)
お出かけ (2)
天気 (0)
出雲崎 (2)
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。