FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にか

05 31, 2010
DSC04728.jpg
いつの間にやら5月ももう最後の日。早く感じるなぁ、年取ったのかなぁ。
畑のほうは今週に入ってから晴天に恵まれています。トマト・ナス・ピーマン・きゅうりなどの夏野菜も例年より遅れてはいるけど、比較的順調に育っています。

DSC04729.jpgDSC04730.jpg
先週の荒天になる直前に定植して、不織布で保温していたはずのトマトですが、低温障害が出ています。
右側の写真の葉に出ている黒い斑点がそれで、去年も5月の嵐で痛めつけられました。5月の嵐「メイストーム」はまだ弱々しい夏野菜の苗を、これでもかというぐらいに痛めつけてくれるので、台風とか大雪に匹敵するぐらい恐ろしい気象です。

DSC04732.jpg
ブロッコリーは蕾が見え始めてきたところ。でも、中にはフライングするやつも。

DSC04734.jpg
左の株は、植物体がまだ大きくなる前に蕾をつけてしまう「ボトニング」が発生しました。今年の春に、定植した後に低温が続いたときがあり、ブロッコリーはそれを冬だと思い込んでしまい、子孫を残そうと早くに花を咲かせようとしたために起こった現象なんです。
植物の機能としては正常なんだけど、生産者からすると異常事態。売り物にはならないので自家用にしかなりません。

先週は4日連続の雨模様、今週は7日連続の晴れの予報。天気の気まぐれも困ったもんだ。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 農業

おNEW

05 29, 2010
DSC04726.jpg
遅ればせながら夏タイヤに交換しました。といっても新品に☆
新しいタイヤは良いですね~だって真っ直ぐ走るもん(笑) 重ステもちょい軽ステになりまして、走行性能は大幅にアップしました↑

このタイヤを履き潰すまで、軽トラが潰れなければいいけどなぁ。なんせ20年選手なので(初年度登録H2年)心配です。


0 CommentsPosted in 農業

冷夏の予報

05 26, 2010
DSC04720.jpg
新潟県は連日の雨雨雨、低温注意報も強風注意報も出ていて、植えたばかりのトマト・ナス・ピーマンには保温・防風用のトンネルをかけました。梅雨入りにはまだ早いんですけど。

平成の米騒動が起きた1993年や、大冷害の起きた1980年の春の気候と今年の春はよく似ていると言われています。ひょっとすると今年はそれに匹敵するぐらいの寒い夏になるかも!? 

「天気に左右されるから農家は大変だね」とよく言われるし、私もよく言うフレーズだけど、それは農家に限ったことじゃない。夏の天候がよくなければ、衣料関係、食品関係、レジャー関係、海の家・・・などなど影響が出てくるところは数多い。
さらに言うと、季節に関係なく輸出・貿易関係は、日々の為替相場で利益・損益が億単位で変わってくる。どんな業種も大変なのは一緒。

「大変だね」と温情を寄せてくれるのは有難いけど・・・「農業は儲からない」という固定観念があるからなんだろうな~と思ったり。ひねくれてるかな?

とりあえず晴れてくれないとホオズキとオクラの畝立てができないので、何とかお願いしますよ太陽さん。


0 CommentsPosted in 農業

忙しくしております

05 23, 2010
DSC04712.jpg
ようやくハウスにトマトを植えつけることができました。去年は5月4日に定植していたので、かなり遅いペースです。

去年 種まき:3月1日  定植:5月4日 
今年 種まき:3月6日  定植:5月21日

種まきが数日遅くなっても、次第に気温が上がるにつれて生長の差は縮まるはずだけど、今年は播種日のずれ以上に定植が遅くなりました。今春がいかに天候不順だったかがわかりますね。

DSC04713.jpg
ハウスは去年に引き続きトマト。連作になりますが、おまじないとして植え穴にミカンの皮を乾燥させたものをパラリと撒いておきました。病気が出にくくなると農業雑誌に載っていたのですが、まぁ民間(ミカン)療法のようなものなのでどれだけ効くことか。
左の畝はキュウリを植えました。周辺の農家より早出しができるようにと、戦略作物の1つに位置づけました。

DSC04714.jpg
他の夏野菜もぼちぼち植え付けを始めています。先陣をきって植えたのはズッキーニ。これも連休に植える予定だったのになぁ。この様子だと、今年の夏はどんな夏になるのかな?

この週末から野菜の販売先が1つ増えました。これまでは、主に
・出雲崎町JA朝市(火・土)
・道の駅 天領の里
の2ヶ所でしたが、今年から出雲崎町のお隣、旧和島村にある
・道の駅 良寛の里わしまに出品しますので、お立ち寄りの際にはどうぞよろしく。

0 CommentsPosted in 農業

初収穫

05 14, 2010
DSC04675.jpg
明日から町のJA朝市(直売所)がOPENとのことで、雨あがりの畑に何か収穫できるものはないかと探しに来ました。
上の写真は4月の半ばに定植したレタスの畝です。一見もう収穫してよさそうですが、ボリューム感がまだまだ足りません。残念だけど今回は収穫を見送ります。

DSC04678.jpg
どうやら今春の「初」収穫物はこの防虫トンネルの中にありそうです。

DSC04679.jpg
ネットをめくると・・・おぉ、大きくなってる! 収穫までネットをめくることが無いので、知らぬ間に大きくなりすぎることが間々ありますが、今回は収穫にベストなタイミングでした。
こちらは、チンゲンサイと小松菜のかけ合わせた品種「味美菜」です。

DSC04682.jpg
やや虫食い後がありますが、まぁ無農薬なのでその辺はご愛嬌。サンプルに何株か収穫、夕飯にさっと茹でてナムルにして食べました。さっぱりしてて美味しいですね。

出荷用は明日の朝に収穫します。久々の早起き、できるかな?


0 CommentsPosted in 農業

失敗は成功の元

05 13, 2010
DSC04668.jpg
ここ数日、寒い雨日が続きます。畑仕事もはかどりません。

今年も枝豆を作るのですが、なかなか育苗がうまくいかず、発芽率が5割以下が続きました。市販の種まき土が悪いのかと思い、山砂ともみがらクン炭を混ぜただけの簡単な土で試したところ・・・大成功! 発芽率は8割以上を達成できました。
でも、よくよく調べてみると、どうやら水のやりすぎが原因だったみたい(新潟県の栽培指針を見てみると、発芽不良の最大要因は過湿だそうな)。確かに早く芽が出ろ~とばかりに、水やりしすぎた感は否めない。単に山砂クン炭土が乾きやすかったから、発芽に成功したみたいです。
原因がわかったから、もう失敗はしない(はず)。失敗は成功の元ですね。

DSC04673.jpg
こちらは定植を待つトマトの苗、左右の苗がひょろひょろ~と伸びているのがわかります。一般的にひょろひょろ苗は徒長苗といって、育苗失敗の代名詞みたいなものなのですが、今年はこの苗をわざと育てました。
去年は割合しっかりした苗をこしらえて植えたのですが、かなり暴れた生長をして実付きも悪く、結果的にはトマト栽培は大失敗。どうやら水分過多、肥料過多が原因でした。
その反省を生かし、今年は水分・肥料ともに吸収が穏やかな徒長苗(老化苗)を植えることにしていました。なので、一応トマトの育苗に関しては成功したと思います。まぁ、最終的な栽培結果は数ヵ月後に出ることになりますが。

DSC04669.jpg
ちらほらと花も咲き始めています。そろそろ定植を始めなくてはなりません。
高い山では雪が降っているようですね。早く暖かくなってもらいたいものです。

0 CommentsPosted in 農業

リベンジマッチ

05 08, 2010
DSC04645.jpg
このときはもう作らないと決めたトウモロコシ。でもリベンジすることにします。

この畑は何年も耕作放棄されていた、草は生い茂り、石・アスファルトの塊・塩ビ管など建設残土で埋められていた畑で、農地法で定められた就農の際に必要な耕作面積(50アール)の帳尻あわせに借りたところでした。でもせっかくだからと開墾をして、去年一年は石を拾ったり、草を刈ったりしていました。
そして2年目の今年、栽培面積を少しでも増やそうとここに手をつけ始めたのです。

上下2段あり、上は7アール、下は4アール。上の段にはトウモロコシを5アール、残りはカボチャを植えます。
DSC04646.jpg
今日は一回目のトウモロコシの定植。全6回に分けて、8月いっぱいまで収穫を続ける予定ですが・・・残土の土質も気になるところですが、実はこの畑はアニマル(タヌキ・アナグマ)の住む山の最前線にあるんです。対策を施さないと、去年のようになることは容易に想像できるので、今年はしっかり防獣網を張るなり、囲いをするなり。徹底抗戦でアニマルたちに挑みます。

DSC04647.jpg
嫁さんがトウモロコシを定植している間、私は下の段でナス用の畝にマルチをかけています。ここの土は粘土質なので、ナスの木が長持ちすることを祈っての作付けです。去年は砂地の畑ということもあってか、あっという間に木がくたびれてしまいました(根が伸びやすいので生長が早く、寿命が短いのです)。
写真左奥に見えるハウスがあるところが、いつもの畑です。

DSC04649.jpg DSC04650.jpg
育苗ハウスでは、苗たちが定植の時を待っています。
去年よりは遅く種をまいたし、春の低温の影響もあってか、ナスの苗はまだ小さめ。トマトも蕾は見えるけど、まだ咲く様子は無いですね。来週は天気が良くなくて気温も低いと予報で言っているから、これでよかったのかもしれませんね。


0 CommentsPosted in 農業

暗渠の施工

05 02, 2010
DSC04634.jpg
暗渠を入れるための溝です。
以前からの懸案だったハウスの水はけを良くする為に、暗渠を施しました。
施工が簡単なことから普通は塩ビのパイプが使われるのですが、今回は「天然素材」「地球に優しい」、おまけに「フトコロにも優しい」ことからモミガラを使いました。

DSC04628.jpg DSC04632.jpg
さっそくハウス脇に溝を掘っていきます。管理機でほれない深さになったらクワで掘ります。36mで深さ60cmくらい、もっと深いほうが良いけど、手掘りではこれが限界(汗) 右の袋に詰まっているのはモミガラです。

DSC04630.jpg
快調に掘っていると・・・あらあら、刃を固定するピンがどこかに行ってしまいました。負荷が強かったようです。

DSC04636.jpg DSC04637.jpg
掘り終わったら竹を放り込みます。この竹は出雲崎町の副町長の山から頂いてきたもので、ハンマーでたたいて割を入れ、節を抜いてあります。
竹を3~4本入れたら、その上からモミガラで満たして、掘り上げた土を戻して完了。地中に空隙が出来ることによって、周辺の土の水分がこの溝に染み出し、それが集まって末端に流れて排水される仕組みです。

地中は酸欠状態なので、埋めた竹は数十年は腐らず、暗渠の効果が続くそうです(上手くいった場合ですが)。連休明けに雨が降りそうなので、暗渠の効果が楽しみだ。


1 CommentsPosted in 農業
プロフィール

タク

Author:タク
新潟で生まれ、横浜で育ち、北海道で大学生、大阪でサラリーマン。日本各地をめぐりめぐって、辿り着いたのが出雲崎。
就農3年目!三十路になり子供も生まれました。
天候に恵まれますように!

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (3)
農業 (337)
お出かけ (2)
天気 (0)
出雲崎 (2)
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。